第41号の特集は!
““リ セ ラ”でアクセントリフォーム!!”
 常陸太田市の大高様のお家を、塗り替えと一緒に、“リセラ”を施工さ
せていただきました!! 楽しくかわいらしい家をと言う大高さんの奥様
からのご希望に答えようと頑張ってみました!!
 部分的に“リセラ”を施してみました
 
   
軽くて丈夫なタイル“リセラ”は施工も簡単☆

 リセラは、前にもお話ししましたが、岐阜のタイルメーカーが、“カルセラ”
という水に浮くタイルを私が使った時に、“コーナーのような役ものが高
すぎる”と、社長に言うと 『じゃあ、どうしたらいいんですか?』 と聞くの
で、平物でコーナーをできるようにして、割つけもテープのようなもので貼
っておけば、タイルの割りつけも簡単になるので、我々、ペンキ屋さんも、
もっと言えば素人でも施工できて楽しめるんだけど…。と言ったら次の
展示会には、“型も作ったんだから”と言ってきたのには驚きました。
とにかく簡単に施工できると言うことは、誰にでも楽しめると言うこと
です。アクセントの細部を考えさえすれば、ワンランク上の雰囲気が自分
で作れます。
  



 

完成です!!可愛く出来上がったと思います。
皆さんはどう思いますか?


 

■お客様よりのお便り

■あなたにもできるぷちペイント!
 最近石を使用した住宅って多いですよね。玄関まわりの床や、アクセントでレンガを貼ったり(例えばリセラとか・・・)、いろいろあると思います。石ってメンテナンスがあまり必要なく楽ですよね。それでは、もっと楽チンになる方法を教えちゃいます!

■飛丸の色の世界
  髪 質 と 髪 型    - ストレート -
皆さんは自分の髪質をご存知ですか?唐突な質問ですが髪質の違いは、主に「地毛の色」
「断面の形(状態)」「表面の形(状態)」「太さ」「硬さ」から判断出来ます。
その上で、「直毛」と「癖毛(縮毛)」に分れ、さらにパーマやカラーリングなどによっての髪の傷み
具合を考慮して、初めて「正しい髪質」と判断されます。と、ちょっと難しいことを言ってみました
が、皆さんの中にも、癖毛の人は直毛に憧れ、
     直毛の人は「少し癖があった方が良い」
なんて思っている方も少なくはないでしょう・・・・・

●編集後記

補足ページトップへ  

●本社/〒313-0054 茨城県常陸太田市西三町2132TEL0294(72)7155(代)FAX0294(73)0099
●つくば営業所/TEL029(869)2100(代) FAX(69)1177

社団法人日本塗装工業会会員
お問い合わせ先:(株)ニシノ清塗工E-mail:nishino@nktoko.com
Copyright (C) 2000 Nishino kiyoshi tokou Co., Ltd. All right reserved