『遮熱塗料』
      『太陽光発電
の関係

遮熱塗料へ
 以前より注目されてきた太陽光発電ですが、まさにエネルギー不足の今日、これから取付ようとお考えの方も大勢いることでしょう。

 その前に、太陽光発電は、屋根の温度と大きく係っていることをご存知ですか?。

それは気温が高すぎると発電効率が下るという事です。
 気温が高い夏は、日差しも強く発電率も上がるイメージですが、逆に発電率が悪く、せっかく設置した太陽光をベストな状態で稼動させられないというのです。
太陽光発電は周辺温度が10℃上昇すると、発電効率が5%下がると言われています。太陽光発電の基準温度は25℃ですから、屋根の表面温度が20℃上昇すれば、10%ほど発電効率が下がるということになります。

太陽光発電の効率と温度は非常に深い関係にあります。ですから電力を使用する頻度が高い夏だからこそ、太陽発電を効率良く使用するためにも、置前に遮熱塗料を屋根に塗装することをおすすめいたします。

遮熱塗料は、屋根の表面温度を10~15℃下げてくれますので、太陽光発電の効率に大きく影響してくるのです。

遮熱塗料も各社、力を入れて発売しております。お問合せ、ご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

お問合せ 0294-72-7155  お見積り、お問合せフォームへ